磁気治療器リフレソールについて

Index

 


リフレソールとは

リフレソールは、フェライトと銅板の入った磁気治療器インソールです。

フェライトから常時発生する磁石の力で足裏の血行を促進し、銅板が持つ抗菌消臭効果でいやなにおいの元となる雑菌を殺菌する管理医療機器です。

また、インソールは、サラン素材のメッシュ加工なので通気性があり、靴の中はいつもサラサラ。

長い間立ち仕事の方、足のむくみや疲れをいつも感じている方、足のニオイが気になる方など、多くの方々に最適です。

足は第二の心臓とも言われ、リフレソールを足裏に敷いて血行を改善し、健康で明るい生活を実現しましょう。



 

リフレソール紹介ビデオ

 


管理医療機器、磁気治療器とは

 

まず、医療機器の分類は、次のとおりです。

1. 高度管理医療機器(クラスIV~クラスIII): ペースメーカ、人工透析器など。

2. 管理医療機器(クラスII): 心電計、超音波診断装置など。

3. 一般医療機器(クラスI): X線フィルム、手術用不織布など。

リフレソールは、2番目の管理医療機器に該当します。

そして、リフレソールは、フェライトをインソールに入れ、永久磁石の磁力により患部を治療する家庭用永久磁石磁気治療器であり、管理医療機器のクラスⅡの区分に該当する治療器です。

リフレソールは、約2年かけてこの管理医療機器の認可を取得致しました。

 


磁石による血行促進効果について

生体に磁気を作用させると、新しい電気が発生し、血液中に電流が生じます。すると、血液中のイオンの動きが活発化し、血液の流れが良くなります。

本商品は、第二の心臓と言われる「土踏まず」部分に、磁気を当てることによって、血行を促進し、冷えの解消、肩こりの改善、足のむくみ、疲れ防止に効果をもたらします。

 

血流促進実験データ (実験委託機関:防衛医大医学研究センター)

 


銅板による抗菌消臭効果について

銅は、金属のなかでも抜群の導電率を持ち、電子機器に欠かせない部品です。

また、熱伝導率も高く、鍋などの調理器具に使われています。さらに、銅には抗菌効果があり、病原性大腸菌O-157 などに対する高い殺菌効果が実証されています。

本商品は、「つま先」部分に銅板を入れることによって、足先から発生するニオイの元となる雑菌を滅菌し、消臭効果をもたらします。

 

抗菌防臭実験データ (実験委託機関:防衛医大医学研究センター)

 

殺菌銅Cu+マーク使用許可取得

リフレソールで使用している銅板がICA(国際銅協会)のCu+マーク使用認定の許可を取得しました。 ICAでは、数年前から銅の持つすぐれた殺菌特性を利用した製品にCu+というマークを付けて、市場の拡大に努めています。

Cu+マークは、その製品が抗菌銅であることを世界共通で明確にする品質の証です。 この度、日本銅センターより、ICAとCDA(銅開発協会)が定めた要項に準じているとして、このマークを正式に使用できることになりました。